予算以外のお金が必要になった時‐キャッシングは便利

予算以外のお金が必要になった時‐キャッシングは便利

毎月必要な経費以外にも、お金が必要になってくることがあります。

 

 

すぐに必要な場合を除いて、それ以外の場合はいつそのためにお金を使うのが良いのかを考えて使うようにしています。

 

 

 

収入があったそばから、お金が必要なことにどんどんお金を使ってしまうと、当然ながらお金は貯まっていきません。

 

 

 

 

毎月の必要経費以外は一旦貯金をして、そこから他にお金が必要なことにどう使っていくかを考えるようにします。

 

 

 

こうすることでお金を使い過ぎることも防げますし、もしかしたら必要だと思っていたことが、お金を使わなくても何とかなる場合もあるかもしれません。
本当に今、そのお金を使う必要があるのかどうかを検討する時間も必要だと思います。

 

衝動的にお金を使ってしまうと、中には無駄にお金を使ってしまうかもしれません。

 

 

 

お金が足りなければその分収入を増やせば良いことかもしれませんが、時にはそう簡単にはいかないことも出てきます。

 

 

仮に貯蓄が十分あったとしても、それを何でもかんでも湯水のように使ってしまったら、すぐにお金はなくなってしまうでしょう。

 

 

 

お金を貯め方も大切ですが、それと同時にお金の使い方も非常に大切なことだと感じています。

 

特に予算を立てていないことにお金を使う時には、かなり吟味してお金を使うようにしています。

 

そこでしっかりと吟味して、自分にとって投資だと思えるお金の使い方をすれば、あとからそのお金以上の価値で自分の所に戻ってくることになります。
生きたお金を使う習慣を持つことで、お金に対しての意識が高くなると思います。

 

お金がたくさんある時は、どうしても考えが浅くなりがちです。

 

 

しかし、お金があってもなくても、お金に対する考え方を変えないようにしたいと思います。

 

 

借金をせずに節約は本筋を行け

 

 

借金の記事や体験談を見ているとたくさんの共通点を見つける事ができる。

 

 

 

一つ目は意外と真面目な人が多いという事。

 

 

 

本来お金を借りて返せなくなるという事は何かダメな部分があったと思う方も多いと思いますが、意外にも仕方ない状況に追い込まれてしまう人も多いのです。

 

 

自分は借金は絶対にしないと若い頃に思っていたとしても、ふとそういった状況に直面する場面が出てきてしまうのです。

 

 

 

借金返済の仕事人

 

 

借金の返済は我慢との戦いでもある。欲しいモノ、食べたいものが食べれなくなることも多い。

 

 

 

大きな声では言えませんが、贅沢をする事ができなくなる不安的なストレスは半端ない。

 

 

 

 

 

 

お金で愛や幸せを買うことはできませんが、人が生きていく上において大切なものであることは間違いありません。お金がある程度あれば気持ちに余裕を持てますからね。そこで多くの人はお金を貯めて将来に備えようと考えます。

 

 

 

お金は貯まるメカニズムはとてもシンプルで簡単です。それは「入ってくるお金である収入から支払うお金である消費を引いて残ったお金が蓄え」になります。こんなことは誰もが知っているのですが、お金を貯めるのはなぜか容易ではありません。

 

 

 

この状況何かに似ていませんか。理屈はシンプルだけど実行は難しいこと、そうダイエットです。ダイエットも入ってくるエネルギーより多くエネルギーを消費すれば体重は減っていきます。

 

 

 

しかし、多くの人はジムへ通ったりランニングしたり極端な食事制限や偏った食生活をしたりして結局続かなくてリバウンドしてしまいます。

 

 

 

実はダイエットは摂取するエネルギーを減らす方が簡単なのでバランス良く減らすには食事を7〜8分目にするというシンプルな制限をして後は歩く習慣をつけることで長く続けられてリバウンドしません。お金も同じです。収入を上げるのは大変困難なことですね。

 

 

 

ですから支出を減らすことが大切なのです。その時に多くの人は電気をまめに消すとか少しでも安いスーパーへ行くとかし始めますが、これらの効果は一時的でしかも小さい効果しか得られません。大切なことはもっと支出を俯瞰的にみることです。

 

 

 

一般に支出で大きなウェイトを占めるのは住宅ローンや家賃、生命保険料、車の経費、教育費です。これを優先的に見直して仕組みとして減らしてしまいます。

 

 

 

 

 

つまり、変動費ではなく固定費を見直すのです。これを一度見直すと放っておいてもそれ以降はずっと減ったままになります。

 

 

 

節約の本筋は固定費の見直しなのですね。

 

 

節約ブログ

 

 

 

人のブログを見ているといくらでも節約のやり方がわかってくる。

 

 

始まる時には別れがある。借金返済をするまでの道のりはたくさんあるし、人との出会いが大きく関係しているようにも思えます。